ヒューマンネットワークグループ代表 齋藤伸市ブログ

特別講演会へご参加の御礼

この度、創立20周年特別講演会を、
10月10日(大阪)と15日(東京)の両日、
株式会社スリーフォレストの三森智仁社長と、
日比谷タックス&ロー弁護士法人の福﨑剛志弁護士を
講師にお招きして開催いたしました。

0.png


1.png

ご多忙中にもかかわらず、
多くの皆さまにご来場いただきまして、
誠に有難うございました。

2.png

続きはこちら

2019年10月17日 16:18 | 雑感・その他 | トラックバック(0)

事業承継で起きる【まさか】

相続対策の専門家・税理士やコンサルタントに、
相続対策で何が一番大切かと伺うと、

①相続財産の分け方を決めること
②その分け方で相続税が支払えるかを確認すること
③最後に節税対策

この順番を強調されます。

そして、
「やってはいけないのは、
節税対策を最初にすることです。」

とおっしゃいます。

節税対策には財産を分け辛くするものがあり、
もめる火種を残してしまう可能性が
あるからだそうです。

では、オーナー社長の相続対策で、
何が一番大切でしょうか?
相続対策の専門家に聞くと、
やはり①②③と答えが返ってきます。

果して、本当にそれだけで十分でしょうか?
生命保険という商品を20年間扱って感じたことは、
実はそんな単純なものではないように思います。

続きはこちら

2019年10月 2日 15:00 | オーナー家の相続・事業承継 | トラックバック(0)

書籍「創業家のリスクマネジメント」出版とセミナーのお知らせ

この度、書籍
本当にあった「お家騒動」に学ぶ
創業家のリスクマネジメント

を福﨑剛志弁護士との共著で出版いたしました。
幻冬舎刊 260ページ 四六版/262ページ 1,400円+税

 201909_01.jpg 

この書籍は、オーナー企業と創業家における
事業承継のトラブル事例、
及びその予防策・解決策を
記したものです。

事業承継は、20年先に起こるのか、
明日起こるのか、
誰にもわかりません。
そこに事業承継対策の難しさがあります。

オーナー社長と致しましては、
家族と会社のために
「もし明日、事業承継が起こっても大丈夫」
と安心できるように、
事前の対策を講じておきたいものです。

本書が、そのきっかけになるなら、
またいささかでもお役に立てるなら
幸いに存じます。

本当にあった「お家騒動」に学ぶ
創業家のリスクマネジメントをAmazonで見る

2019年9月30日 12:20 | 経営セミナーのご案内, 雑感・その他 | トラックバック(0)

「humanletter」秋号のご紹介

当社のお客様向け季刊誌、
「humanletter」の秋号が完成しました。

 19aut.jpg

このhumanletterではオーナー経営者に役立つ情報や、
当社のサービスについてご案内しております。

バックナンバーはこちら
https://www.humannetwork.jp/humanletter/
(秋号もこちらからご覧になれます)


秋号の内容の一部をご紹介致します。

オーナー経営者様にご登場いただく、
経営者インタビューでは、
ベル美容外科クリニックを経営する、
株式会社エバーの代表取締役、
渡邊伸一様にお話を伺いました。

続きはこちら

2019年9月 5日 09:00 | 雑感・その他 | トラックバック(0)

創立20周年特別講演会のお知らせ

191010.jpg

このたび、株式会社スリーフォレスト
代表取締役の三森 智仁氏をお招きして、
ヒューマンネットワークグループ
創立20周年特別講演会を開催いたします。

【大阪】令和元年10月10日
【東京】令和元年10月15日 

当講演会は終了しました。 


三森社長は、定食屋大手「大戸屋ごはん処」の
常務取締役でしたが、
創業者である父、久実氏の急逝により、
お家騒動の渦中に巻き込まれてしまいます。
その後一身上の都合により退任し、
現在は、高齢者への外食支援サービスで
活躍中の青年実業家です。

今回の講演会では、
「お家騒動から学ぶ創業家のリスクマネジメント」
と題し、三森社長にお家騒動の真相について、
「創業者が亡くなった後、どんな問題が起きたのか?」、
「創業家として何が一番つらかったか?」、
「生前にどんな準備、対策をしていたら防げていたと思うか?」
など様々な質問に、
余すところなくお話いただきます。


また第二部では事業承継・自社株に詳しい福﨑弁護士より
「創業家が戦わずして勝つ方法」について
具体的事例をいくつかご紹介いただきます。

創業家のリスクマネジメントとして、
今後のみなさまの円滑な事業承継に
必ずや参考になる内容と考えております。
1人でも多くのオーナー社長に
ご参加いただければ幸いに存じます。

【大阪】令和元年10月10日
【東京】令和元年10月15日 

当講演会は終了しました。

2019年7月17日 10:00 | 経営セミナーのご案内 | トラックバック(0)

創業家のリスクマネジメント

自分に万一のことがあっても
会社と家族を守りたい
これは私達のお客様共通の願いです。

先代の相続で
『揉めた』
『納税で苦労した』
という経験をされた方は特に強く考えています。
同じ苦労を子供にさせたくないからです。

私達のお客様は創業家のリーダーです。
創業家のリーダーの悩みは
自分に万一のことがあった際、
①会社を存続・発展させるために誰を後継者にすべきか
②揉めないように自社株や財産をどう分けるべきか
③相続税の納税で困らないようにするためにはどうすべきか
などがあげられます。

私達は、これらの悩みに寄り添い、
創業家のリスクマネジメントとして
リーダーに万一のことがあっても
会社と家族を守る方法を
アドバイスさせていただくことを
使命と考えています。

2019年5月30日 10:15 | 雑感・その他 | トラックバック(0)

いつも心の中でありがとう

皆様はそう言える人はいますか?
小心者の私は、いつも心の中で
「ありがとう」
と言う場面があります。

最寄りの駅の駅員さんは毎朝、
「おはようございます」
と皆に言っています。

誰もが黙って素通りをします。
私だけ挨拶するのも照れくさくて、
会釈だけしています。

会社が入っているビルの警備員さんは、
大きな声で、天井に向かって、
「おはようございます」
と言っています。

目を合わすと、
催促をしていると勘違いされるのを
避けているようなので、
会釈で答えるようにしています。
せめてその会釈が
伝わっているといいのですが...。

続きはこちら

2019年3月20日 13:00 | いろいろ気づいたこと | トラックバック(0)

事業承継税制の申請件数に

昨年の税制改正で大幅に要件が緩和されて、
注目された新・事業承継税制ですが、
約1年が経過し、どの位申込みがされたのか、
気になるところです。

中小企業庁の作成した資料
「平成31年度中小企業・小規模事業者関係 税制改正」
によると、「平成29年度における認定件数は
年間400件程度であったが、税制の拡充後は、
認定申請件数が年間4000件に迫る勢い」と記載されおり、
飛躍的に増加していることを示唆しています。

ここでの申請件数とは活用するための確認申請書、
すなわち「特例承継計画」の提出件数だと思われます。
「特例承継計画」については、
私もよく知りませんでしたので、
ちょっと調べてみました。

続きはこちら

2019年2月26日 12:46 | 雑感・その他 | トラックバック(0)